情報ピックアップ

協会けんぽ(石川県) 令和3年度保険料率

協会けんぽ(石川県)の令和3年3月分から変更となる健康保険料率および介護保険料率です。

石川県は10.11%(0.1%アップ)、
介護保険料率は全国一律で1.8%(0.01%アップ)となります。



全国健康保険協会のページ コチラ

2021年03月03日

石川県(産業別)最低賃金 令和2年12月31日/令和3年1月10日~

令和2年12月31日および令和3年1月10日より産業別最低賃金が下記の通り改正されることになりました。

 

※次の賃金は最低賃金の対象から除外されます。
(1) 臨時に支払われる賃金(結婚手当等)
(2) 1か月を超える期間ごとに支払われる賃金(賞与等)
(3) 時間外労働、休日労働及び深夜労働に対して支払われる賃金
(4) 精皆勤手当、通勤手当及び家族手当

詳細はコチラへ

石川労働局 最低賃金

2020年12月17日

協会けんぽ 平成31年度保険料率

協会けんぽから平成31年3月分から変更となる健康保険料率および介護保険料率の公表がありました。

石川県は9.99%と0.05ポイントのダウン。
また、介護保険料率は全国一律で1.73%へと引き上げになります。

※子ども子育て拠出金は4月に引き上げられる可能性があります。

また任意継続被保険者の標準報酬月額の上限は、平成31年度より
30万円に変更となります。


石川県の保険率


全国健康保険協会のページ コチラ

2019年02月19日

突然の介護!? 会社からのフォローで離職を防ぎましょう!

従業員から『親の介護をしなければならなくなった。』と相談があった時に、
会社はどのような支援が出来るでしょうか?

高齢化により、今後、親の介護に直面する従業員が増えてくるのは確実です。突如、介護に直面し、どうして良いかも分からず、『仕事との両立は無理だ…。』と一人で悩んだ結果、退職を決断してしまっては、会社にとっても損失です。

仕事と介護を両立できる方法はありますし、その解決策を考えるための休業制度や休業中の給付金制度もあります。
会社に出来る支援策を、今のうちから整理しておきましょう。

▶介護に直面する従業員は働き盛り!
 ・役割や職責が重く、管理職に付いている人が多い世代 ⇒ 50代が多い
 ・共働き世帯の増加により、男性が介護する割合も増加



こちらもご参考下さい。
仕事と介護 両立のポイント(厚生労働省)
企業における仕事と介護の両立支援実践マニュアル(厚生労働省)

2018年12月03日
» 続きを読む